ホーム
プロフィール
登攀・活動記録
スクール・ガイドのご案内
コンタクト
リンク
ブログ



プロフィール
遠藤 由加

1966年 神奈川県生まれ

18歳のときから山岳登攀を始める。
バリエーションルートからピークに立つ以外、縦走をしたのは山を始めてから3年目という根っからのクライマー。

19歳でヒマラヤ登山を経験。22歳で日本人女性初の八千メートル峰無酸素登頂を成功。
その後、G1、G2、Cho oyu南西壁を世界第二登。

ヒマラヤ遠征に区切りをつけた後、ビッグウォール、フリークライミングに転向。
トラディショナルなクライミングから、コンペティションとオールラウンドなクライミングを行う。

2010年 千葉国体、リード競技個人総合 1位、神奈川県代表として優勝。

オールラウンダーとしての実績は、8000m峰無酸素登頂、エイドクライミングでのA5、フリーでの5・14Aを登る、世界的にも男女問わず極めて少ない経験と実席を持つ。


クライミングのスタイルは常に向上することを目標とし、
最新のクライミングスタイルを取り入れつつも、
古きよき時代の精神を受け継ぐことを信条としています。

そして真のクライマーとは何か?という問いに対し、
より良い姿であり続けるためにスタイル、ポリシー等、メンタル面を
おろそかにしないことを大切にしています。


スポンサー ---- マムート
著書 ---- 「青春のヒマラヤ」、「きっとまた登る」、「クライミングタクティクス」